スポンサーリンク

Lovely ♥と Nice バディー作り

愛ある心と健全な身体の育成に有意義な情報を提供します

子犬カフェにツイッター炎上 「成犬はセラーピー犬に」のウソ!

スポンサーリンク
子犬カフェにツイッター炎上
「成犬はセラピー犬に」のウソ! 
Rio.PNG
今月1日
下北沢に子犬と触れ合える事を謳ったカフェ「puppy cafe Rio」がオープンしたのね。
店のホームページには小型犬を中心に18匹の子犬が紹介されているの。
しかし
小型犬が“子犬”といえる時期は
生後10カ月程度までなのね。
「puppy cafe Rio」の公式ツイッターには
「成犬になったらどうするのか?」という疑問が複数寄せられていて
「puppy cafe Rio」は、「セラピー犬にする予定」だと回答しているのね。

全ての犬がセラピー犬になれるわけではない
「当店のワンちゃんたちは卒業後セラピー犬として
老人ホームや治療の必要とした人たちと共に過ごせるように
沢山のお客様と触れ合って頂いております
ワンちゃんの為にお客様の為に
癒しを求めている人にスタッフがいろんな想いで作り上げておりますので
是非お客様のご来店お待ちしております」
そう返答する「puppy cafe Rio」なんだけど
卒業
つまり成犬になった犬はセラピー犬として活動させる予定で
“沢山のお客様と触れ合って”いるのはその下準備でもあるとの見解の様ね。

だが
どんな犬でも簡単にセラピー犬になれるわけではないのよ。
一般財団法人 国際セラピードッグ協会のホームページによると
セラピー犬とは
「人への忠誠心と深い愛情で
高齢者を始め、障害を持つ方や病気(癌や精神)の治療を必要とする患者さんの
身体と精神の機能回復を補助する活動」をする犬。

セラピー犬候補の犬は
車いすの速度に沿って歩く事や
ベッドマナーなどを学ぶべく約2年間のカリキュラムを受け訓練され
最終的にセラピー犬に適していると判断された場合はセラピー犬として認定されるのね。
むやみやたらに客と接触したからといって
セラピー犬としての適正が身につくわけではなく
犬によっては訓練をしたとしても
セラピー犬に向いていないケースもあるはずなのよ。
また
「puppy cafe Rio」にスタッフとしてセラピー犬のトレーナーが在籍しているのかは不明。
少なくとも公開されているスタッフ募集要項を見る限りでは「未経験者OK」とあり
特に資格を保有する人材である必要はないようね。
その他
セラピー犬の育成団体と連携体制をとって運営しているかなども確認できない。
成犬になった犬たちはセラピー犬としての訓練を本当に受けられるのかしら?

セラピー犬になれなかった犬はその後
どこに連れて行かれるのかしらね。
癒しを求める人間に
サービスを提供する子犬。

どう見ても歪(いびつ)なビジネスであるが
こうしたビジネスに利用されているのは犬ばかりではない。
おりしも、アニマルカフェのずさんな管理体制について、内部告発が相次いでいる。
 
猫挨拶.png