スポンサーリンク

Lovely ♥と Nice バディー作り

愛ある心と健全な身体の育成に有意義な情報を提供します

温泉での入浴法とお風呂の入り方

スポンサーリンク
温泉での入浴法とお風呂の入り方
 
 
キャプチャ.PNG
 

たまに旅行で行く温泉は勿論
自宅で入るお風呂も
美容やリラックスに効果的…と言う事は
実感として分っているよね
ベストは睡眠90分前の「夜風呂」
お風呂や温泉で身体を温める事は
健康的な生活を送る上で非常に大切な事です。

但し
その健康メリットを十分に得る為には
注意すべきポイントがあるのね。

先ずは
入浴に相応(ふさ)しい時間帯について
朝風呂派
夜風呂派
或いは
朝も夜も入る

人により毎日の入浴時間は一定のパターンになっていると思うけど
実は健康面から夫々のメリット・デメリットの検証が行われているのね。
 

入浴によるリラックス効果を十分得る為には
矢張り
睡眠前が相応しいからよね。
特に就寝する90分前にお風呂に入ると
リラックス効果が高いとされ
逆に入浴をしないままにベッドに入ると
ぐっすり眠れず
ちゃんと心身が休まらなくなる傾向が強いので
疲れの溜まっている人は
夜の入浴を心がけるといいでしょう。
 
 
一人
夜風呂にもデメリットはあるのね。
それは
「湯冷め」の問題。
湯冷めをすると風邪を引き易いと言うのは知ってるかと思うけど
実は夜風呂の人が湯冷めのリスクが大きいのね。
 
 
 
朝風呂の場合
湯冷めで体調を崩すことはあまりないでど
なぜ、朝と夜で湯冷めのリスクが変わると言うと
それは
夜は副交感神経が優位になる一人
朝は交感神経が優位になり
風邪への抵抗力が高い状態にあるからなのね。
 
 
従って
夜に入浴する場合は
脱衣所や風呂上がりに過ごす部屋を温める等
湯冷めをしないための対策が必要となのよ。
 
 
更に
朝風呂には
頭がシャキッとし
さっぱりと目覚める事が出来ると言うメリットもあり
これは
実際に朝風呂をされる人であれば
納得だと思うけど
気分が爽快になる事で
その後の仕事や勉強がはかどると言う
副次的な効果も期待できるのよね。
 
 
入浴.PNG

お風呂の湯温は41度以内に
この様に
朝風呂と夜風呂では期待できる効果が異なるので
夫々の効果に見合った設定温度にすると
さらにメリットがあり
朝風呂なら目覚めの為にやや熱め。
夜風呂ならリラックス効果を得る為
ぬるめの温度設定にしておくのが基本。
 

具体的には
交感神経が活性化する温度が41度と一般的に言われているので
リラックスを得たい夜であれば
温度は高くても41度以下に収めておいた人がいいかもね。
 
 

朝風呂をする人は
起き抜けにすぐ入浴してしまうと
体温の急変から心臓などに負担がかかってしまうので
新聞を読んだり
お茶を飲んだりして
一息ついてから入浴するようにしてね。

特に入浴前に温かい緑茶を飲むと
カテキンの吸収率を高める事が出来るのでお勧めね。

お風呂は
食前それとも食後、どちらが正解?

入浴は
出来れば食前の人が望ましい。
食前に入るべきか
或いは
食後にすべきか迷いがちだけれど
この点についての医学的な答えは一応出ており
望ましいのは、「食前」とされているのね。

何故食前が望ましいかと言うと
それは
食後に入浴すると
胃腸へ過度な負担がかかってしまう恐れがあるからよ。

逆に
食前に入浴できる人であっても
入浴後30分以上は空けて食事を摂るのが理想的。
入浴後すぐは全身に血が巡っていて
胃腸に十分な血液がない状態だから
消化不良になる恐れがあるからなのね。

温泉宿でも
まず温泉を楽しみ
少し休んでから食事という流れになる事が多いと思うけど
正に
あのタイミングを意識されるといいと思うのね。

とは言え
温泉旅行のスケジュール上
食後の温泉になってしまう場合もあるでしょうし
外食が多いなど
ライフスタイルによっては
食前の入浴が難しい人も
その場合は
食後1時間程度空けて温泉に浸かる事をお勧めするね。
温泉なら
熱い湯で10分
ぬるい湯で20分まで。
 
 
親子入浴.PNG
 

人間は体温が0.5℃上がると心臓がドキドキと動悸し
それはある種の危険信号ですから、
動悸に気がつく前に上がっておくのが無難で
熱い温泉の場合、1回あたり湯に浸かる時間は10分以内
ぬるま湯であっても20分が限度。
 
 
愛好家で温泉に慣れている人であっても油断してはいけません。
例え
友人や家族等と一緒に温泉に入っていたとしても
耳を傾けるべきは
自分自身の体調の変化。
 

周りに合わせる事無く
湯から上がるタイミングを自分で決めてね。
「せっかくわざわざ温泉に来たのだから
長風呂をしたい」という気持ちもわかりますが
体調を崩してしまっては元も子もないよね。
そういう場合は、1日数回に分けるなどして、温泉を健康的に楽しみましょう。
 
 
この様に

お風呂や温泉に入るにしても
その入り人によって
心身への影響は変わるので
自らの体調や
理想とする状態を頭に起きながら
日頃の入浴習慣を考えられるといいでしょう。
 
 
 
猫挨拶.png