スポンサーリンク

Lovely ♥と Nice バディー作り

愛ある心と健全な身体の育成に有意義な情報を提供します

平昌オリンピックでのカーリング報道を見た・・・けど完敗だった

スポンサーリンク
平昌オリンピックでのカーリング報道を見た・・・けど完敗だった!
 
 
 
今日は朝9時からの
日本VSカナダのカーリングを観戦したのね。
 
 
 
冬季オリンピックの舞台は
雪と氷のいずれかで
それも
個人競技と団体競技になるけど
ショッピンは氷上競技の方がどちらかと言えば好きで
中でもこのチームプレイのカーリングが特に好きなのね。
 
 
 
理由は
同じ氷上競技でも
アイスホッけーの様に
ゴールに我武者羅にボールを放り込む
単純なスポーツと違い
チーム4人の非常な精神集中と繊細な作戦が要求される所が
見ていて実に面白いのよね。
 
 

とは言うものの
今でもチームが各シュートで取る作戦は
残念だけど未だよく分からないのね。
 
 
 
日本女子カーリングチームも世界一まであと一歩と言える
所までの実力を持つっているので
期待して見たけどカナダに3-8で完敗しちゃったわ。
 
 
 
今夜8時から対スエーデン戦があるので
このスポーツのルールを知った上で
観戦すると見応えも数倍の楽しみがあるスポーツだから
あなたも氷上の大和なでしこを応援してね。
 
 

少し前置きを言うと
カーリングは16世紀スコットランドが発祥の地とされ
フェアプレーの精神を大切にする知的で奥の深いスポーツで
「氷上のチェス」あるいは「氷上のビリヤード」とも呼ばれているのね。

投げられたストーンが氷の上をクルクルと回転しながら
滑って行く所からカーリング(Curling=巻くこと)
と呼ばれる様になったそうだわ。
 

チームメンバーは
4人一組
一人一回
2球を投球する。
 
 
 
日本シュート.png
 

リード
 1番目に投げる選手の事で
1投目と2投目の投球を行う。
自分の投球時以外は主にストーン(花崗岩で出来た20kgの球)の進むコースを
決めるスウィーパー(掃き手)を担当する。
ここで2球投球
 
 

セカンド
2番目に投げる選手。
3投目と4投目を担当する。
自分の投球時以外は主にスウィーパー(掃き手)を担当する。
ここまでで4球投球
 

サード
3番目に投げる選手。
5投目と6投目を担当する。
 
スキップ(最終投球者)が投球する際には
スキップに変わってハウス(ゴール)に立って指示を出す。
ここまでで6球投球
 

スキップ(キャプテン)
 試合中、自分の投球時以外はハウスから指示を出す「チームの司令塔」
主に最後に投球し
7投目と8投目を担当する
ここまでで8球投球
最後でない場合もある。
 

フィフス
チームメイトの一人がプレーを続行する事が
できなくなった際にその代役を務める控え選手
リザーブとも呼ばれる。
野球で言えばベンチにいる人と同じ。
 

スキップの指示によって
リード
セカンド
サード
スキップの順で相手チームと交互に一人が2回ストーンを投球する。
両チームでストーン16個を投げて1エンド(1回戦)になる。
 

 正規にはこれを10エンド(10回戦)行い
競技時間は約2時間40分(1エンドは約15分)
 
各メンバーの役割
 

◆スキップ (キャプテン)
スキップ は投球者とスウィーパーに対して
ゲームの状況にあった作戦を指示する。
投球コースやハウス内に留まる場所をブラシで示して意思を伝え
投球者はその指示に従って投球する。
 
 
 
◆スウィーパー
 滑って行くストーンの前を2人がブラシ(またはブルーム)で掃く
(スウィープするという)
 スウィープする事によって氷面を僅かに溶かし
ストーンの滑りを良くする仕事。
見る方に取ってはユーモラスな光景だが
掃く方にとっては非常にハードな仕事。
 
 
 
◆カーリングの得点
得点は両チームがストーンを10回戦投げ終わった時点で決定される。
 

ハウス(円)の中心に最も近い位置にストーンが有るチームが
そのエンド(回)の勝者になる。
勝ったチームの得点は相手のチームのストーンより
更に中心に近いストーンの数だけ得点となる。
(勝てば得点ゲット、負ければゼロ点 すなわち勝者独占方式)
 

下のハウスのストーンの位置を参照。
 
ハウスの石.png
最終エンド.png
 
 
 

赤(日本)黄色(カナダ)ストーン両方がハウス内に入っているが
ハウスの中心に最も近い黄色のストーン2個が得点に成る為
この回は2対ゼロ(黄色ストンチームが2点ゲットし
赤ストンチームはゼロ点)になる。
 
 
試合開始の第一回目はコイントス(又はジャンケン)で先攻、後攻を決める。
2エンド目からは得点を取ったチームが先攻となる。
実は
後攻の方が有利なのね。
それは先攻で
一人一石づつ二人で
ハウスに二石入れても
後攻の相手が二石ともハウス外に弾き飛ばしてしまう展開になり
最後の投球は後発になるので
ストーンの位置状況次第では自分の
ストーンをハウス内の中心に持って来易いからなのね。
上の画像の様に
カナダの最後の投球はコースに障害がなく
シュートのコントロールで
たやすくハウスの中心に石を止めれるからね。
 
 
ストーンの位置と得点数の見方
 
得点表.png
 
 
 
 
 

作戦の要諦は
どの様なシュートで
相手の石をハウス内からはじき出して
自分達の石をハウス内に残していくか・・・
その為の布石をどうするかが
勝負を決める訳ね。
 
 

将棋の羽生善治竜王が中学生の藤井聡太五段に敗れた勝負が
つい先日あったけど
将棋の駒を以下に基板上に置いて
相手の駒を取って基板から外していくかの
深遠な計算が必要なのと同じ様なものね。
それが
「氷上のチェス」と呼ばれる所以なのよ。
 
 
投球テクニック
 
カーリング投球フォーム集(09日本選手権女子決勝より)
をリンクしたので時間のある方は見て見てね
 
 

それでは
ショッピンも
日本チームを応援するからね。
 
今回応援出来なかったとして
次の試合もあるので宜しくね。
 
 
 
猫挨拶.png