スポンサーリンク

Lovely ♥と Nice バディー作り

愛ある心と健全な身体の育成に有意義な情報を提供します

肌荒れ防止に卵殻膜のコラーゲンが有効なの!?

スポンサーリンク
肌荒れ防止に卵殻膜のコラーゲンが有効なの!?
 
 

前回のブログでは
卵殻膜の組成物の一種コラーゲンは
数十種類あって
その中のⅢ型コラーゲンが
人間の赤ちゃんの瑞々しい肌に多く含まれている事から
別名〝ベビーコラーゲン〟とも呼ばれ
繊維が細く保湿性も高いので
プルンプルンした肌を作り出す
と言う処で追わちゃったので
ここから続けるよ。
 
 
 
 
 
Ⅲ型コラーゲン
即ち
ぷよぷよ肌の元となる
ベービーコラーゲンは
25才前後をピークにして
次第に減少して行き
代わりに骨や腱等に多く含まれる
Ⅰ型コラーゲンが増えてくるのね。
 
 
 
 
 
合成コラーゲン.png
 
 
 
Ⅰ型コラーゲンは
繊維が太く保湿性も低い為
これが加齢に従い増えると
当然
肌が硬くなって
弾力性も無くなってしまうのよね。
 
 

言い換えれば
線維芽細胞(肌細胞)を活性化させて
年と共に減少するⅢ型コラーゲンを増やせれば
年齢に関わらず肌の潤いや弾力を保つ事が出来る訳よね。

更に
線維芽細胞はⅢ型コラーゲンだけではく
ヒアルロン酸やエラスチンといった
成分をも生成する事も分かっており
これからの今後
美肌作りには不可欠の要素として
期待されているのね。
 
 
 
 
美髪・美爪を作る効果
 
卵殻膜は
人間の肌や髪に近いアミノ酸から組成されているので
特に「シスチン」の含有量はダントツに高いので
注目されているの。
 
 

シスチンは
人の肌にも存在しているけど
卵殻膜には人の肌の5倍も多く含まれているのよ。
 
 
 
シスチンは
体内に入ると
「L-システイン」という物質に変化し
そばかすやシミの元となるメラニンの生成を抑制し
肌のターンオーバーを促進するとして
今、注目を集めている成分なのね。
 
 
 
1シスチン1.GIF
 
 
 
加えて
L-システインは
ケラチンと言う髪や爪の主成分のアミノ酸の一種なので
髪のハリやコシを保ち
爪を頑丈にする効果があると言われているのね。
 
 
 
 
病気の予防や改善
Ⅲ型コラーゲンは
皮膚以外にも
血管
心臓

肝臓
等の内臓にも存在する為
卵殻膜を摂取する事で
線維芽細胞が活性化される結果
肌の弾力性を維持する機能が
活発になり
加齢により失われる弾力が戻ってくるのね。
 
 
 

また、
殻膜には
体内の弱った細胞を回復させる
「HSP(ヒートショックプロテイン)」を増やす効果があり
これによって免疫力が上がって
病気に対する抵抗力が高まるのね。
 
 
 
前回のブログの冒頭で書いたけど
ショッピンは朝夕の食事では
卵は定番なので
使った卵の卵殻膜の
ネバネバを入浴後に
肌に直接塗布するのね。
(卵を割ったら直ぐに使うないと駄目よ)

頬っぺたには特に丁寧にぬるの。
 

鼻の上から唇の両脇に塗りながら
ほっぺを逆撫でする様に
下から上に向かってマッサージする訳ね。
 
 
マッサージ.png
 
 
 
 
 
その後
卵の粘膜が乾燥すると
肌が引っ付けられる感じになり
肌がシャンとするのが見て取れるのよ。
 
 
 
卵殻膜の美容効果は分かっていても
現時点で卵殻膜を美容や健康に活用するには
美容・健康用に開発されたサプリメントや
美容液、クレンジングなどの製品を利用する他はありません。
と言う人も居るけど;

前のブログで書いた
卵殻膜は
鳥類の卵の殻の内側にある
薄い膜の事で
僅か0.07㎜の極薄だけど
主成分である蛋白質には
18種類のアミノ酸
コラーゲン
ヒアルロン酸
等が含まれているのよ。
 
 
 

これ等は
ヒナが成長する為の栄養源となるだけではなく
外部からの微生物、細菌から保護する為
非衛生的所で卵を産んでも
卵の内部では雑菌が増殖する事無く
ヒナは誕生出来るのね。
 
シスチン4.png
 
 
 
 
と言う
人間で言えば
母親の子宮内の胎児は
へその緒から栄養を摂取している事実を鑑みれば
卵の殻膜を人肌に塗れば
少なくとも
その組織内の生命維持成分が
肌の組織に反応していると
ショッピンは信じているのね。
 
 
 

もう何年もそうしている為か
風呂上がりの顔は少年の様にピンクになり
爪もピンク色の爪をしてるわよ。
 
 
 

とは言っても
これはショッピンの体験だけなので
コラーゲン配合の市販の優れた美容液を使って
お肌のケアをするのもいいかもね。
 
 
 
猫挨拶.png