スポンサーリンク

Lovely ♥と Nice バディー作り

愛ある心と健全な身体の育成に有意義な情報を提供します

ストレスが続くと腹痛、下痢、便秘等のお腹のトラブル等を誘発する!?

スポンサーリンク

ストレスが続くと腹痛、下痢、便秘等のお腹の不快感等を誘発する!?

 
 
以下は
ショッピンが20年間苦しめられた  
自立神経失調症の話。


 

常にお腹に排便感あったり
食事をすると直ぐにトイレに行きたくなる
しょっちゅう下痢が起きたり
運動し始めるとお腹が痛くなったり
する症状を
過敏性大腸症候群と言うのね。

 
 

ショッピンは
この難病に20年も苦しめられたのよ。


 
 
この病の厄介な処は
血液検査や内視鏡検査でも
異常が見つからない事
ストレスで症状が悪化する事から
心身症の一つとされているのね。


 
 

心身症とは
特定の病気を言うのでなく
心が大きく関与する病気の群に付けられた名称で
『心身症は身体の病気』だが
その発症や経過に『心理的・社会的因子』が
大きく影響しているもの」
 
上述の「心理的」と言うのは
所謂ストレスの事なのね。



 
社会的因子とは
会社内で
例えばセクハラ
パワハラを受けるとか
学校内でいじめに遭う等の
対人関係におけるトラブルの事ね。

 
 
ストレスストレス2.png
 




 
 
以上の様な事から生じて来る
ストレスが体の機能に悪影響を及ぼして
腸の知覚過敏により
機能が完全に狂っている状態なのね。


 
 
 

男性では腹痛やお腹の不快感を伴う下痢型が
女性では便秘型に成る事が多いのね。


 
 
 
致命的な病気ではないけど
トイレの無い所に長時間いられないと言う
日常生活の不安を伴う症状なので
その為の苦痛は大変な物なのね。


 
 
いつトイレに駆け込まなければならない
排便モードに切り替わるか知れないと言う
恐怖感から
トイレの無い電車やバスには恐ろしくて乗れない
と言った不便な生活を強いられるのね。


 
 

ショッピンの場合は
食事をすれば
一時間以内に下痢が始まると言った
腸の蠕動(ぜんどう)運動が
反射的に始まる病気だったのね。


 
 

通勤途中でほぼ毎日
お腹の痛みが始まり
途中下車して
駅のトイレを使った数は
めちゃくちゃ多いわよ。


 
 
 
或る時
香港に出張の際に
函崎バスターミナルで
軽く食事を摂って30分位して
成田空港行きの高速バスに乗ったのね。

 
 
 
案の定
発車して暫くしたら
お腹が痛くなって来たの。


 
 
 
バスの運転手に
お腹が痛いので
高速道路の料金所で
バスを降りると申し出たのよ。
 
 
すると
運転手は
料金所を過ぎると
直ぐに
サービスエリアがあるので
そこにバスを入れますと
言ってくれたのね。

 
 

バスが止まると
ショッピンだけでなく
結局他の殆どの乗客も
バスを出てトイレに行ったので
自分の都合で
バスを止めたという
罪悪感からは解放されたけどね。




これも全てストレスが
原因で起きていたのね。
 
 
 

過敏性腸症候群を発症する原因は
現在でも不明で
何らかのストレスが加わると
ストレスホルモンが脳下垂体から放出され
その刺激で腸の動きがおかしくなり
過敏性腸症候群の症状が出るというのね。


 
 

更に
この動きが繰り返される事で
腸が刺激に対して「知覚過敏」になり
ほんの少しの痛みや動きから
脳のストレス反応を引き出してしまい
症状が悪化されるという
悪循環に陥ってしまうのよ。




感情表現が苦手な人や
神経質な人
我慢強い人
等が罹り易い
辛い気持ちを意識したり
怒りや悲しみを言葉で表現出来ないので
代わりに身体が”辛い”と表現する事で
症状が発症するのね。


 
 
 
 
辛いという気持ちを意識出来ないと
ストレスに気づかない為
ストレスに晒され続ける内に
身体が悲鳴を上げてしまう訳よね。

 
 

内科の診察は何度も受けたけど
ストレスによる過敏性腸症候群と突き止めた
医者は一人も居なかったの。


 
 

生活習慣や考え方の癖が変わらなければ
結局同じ事の繰り返しで
せっかく
ストレスを表現していた腹痛や下痢を薬で抑えると
増々無理をして
頭痛や胃の痛みなど
他の症状が現れる事にもなっちゃうのね。


 
 
 
なので
過敏性腸症候群には
薬を適切に調整した上で
自分の症状を受け入れ
症状と上手く付き合って行く
ストレス管理方法を
考えていく方が効果的ね。


 
 
 
ストレスに気づき
まずはストレスをはっきり認識する事が重要なのよ。
20年もの長い間
我慢に我慢して
ストレスを認識出来なかったのが
ショッピンのおバカな処だったのね。
 
 

自分の症状が
どういう状況や出来事で酷(ひど)くなるのかを分析して
その上で
発散出来るストレスであれば発散する方法を

避けられないストレスであれば
自分が楽になる考え方や
回避の仕方を探っていく事が重要なのね。

 
 

この過程で
「ああ、自分は凄く無理をしていたのだ」と気づき
そんな自分を思いやる気持ちが必要なの。
 
 
下痢便.PNG




 
 
ストレス社会の現代では
無理をせず
ゆっくりしたペースで歩みながら
むしろ「身体からの警告」を上手く利用して
休める様に成れば
過敏症が次第に安らいで来て
美味しい食事や
適度な運動など良い習慣を取り入れ
生活全体の質を上げる事でも
結果的に過敏性腸症候群の症状が
改善されて来るのよ。


 
 
 

結局
あらゆる仕事から解放されて
一人で悠々自適の生活を始めたら
自律神経失調症の
過敏性腸症候群である
常にお腹に排便感あったり
食事をすると排便感がすぐに起きたり
しょっちゅう下痢が起きたり
運動し始めるとお腹が痛くなったり
する症状が自然に消えて行ったのね。

 
 
 
 
今思うと
よくもまー20年も我慢したものだと
感心するのもさることながら
なんとまー
おばかさんだったのかと
開いた口が塞がらない思いよね。

 
 
 
ストレスは万病の元!
あなたも忘れないで
ストレスフリーの
生活を心掛けてね。



 
 
猫挨拶.png