スポンサーリンク

Lovely ♥と Nice バディー作り

愛ある心と健全な身体の育成に有意義な情報を提供します

ストレスが鬱(うつ)を引き起こす元になる!?

スポンサーリンク

ストレスが鬱(うつ)を引き起こす元になる!?
 
 
 
 
今日は気分が晴れない
何となくイライラする
昨夜は良く眠れなかった
体がけったるい・・・。
昨日は久しぶりに上の様な症状が出たのね。
 
 

昨日はブログを書く意欲が失せたのよ。
前夜からの雨の結果か
重い雲が覆いかぶさり
気分が晴れないのも
泣き面に蜂(なきつらにはち)
じゃないけど
モチベーション低下に拍車をかけたのよ。
 
 

原因は
一昨日から考えあぐねていた
ブログ記事のコンテンツが
まとまらないのね。
 

読者のあなたが
次にどんな記事を期待しているのかを
あれこれ考えると
袋小路に入り込んだ「うつ」な気分になっちゃうのね。
 
 

多分
こう言う鬱的気分が長く続くと
ストレスが原因で
うつ病を誘発してしまうのかもね。
 
 
ところが
専門医に言わせると
うつ病
実は自律神経失調症だったり
自律神経失調症うつ病だった
と言う事は珍しくないそうなの。
 
 
 
この様に
自律神経失調症うつ病
症状的にはよく似ているのね。


自律神経がストレスによって
正常に機能しない事によって起こる
種々の症状がうつ病の総称なのね。
 
 
神経は
人体の細部に渡り
網の目の様に張り巡らされ
無数の細胞や組織と連携している
ネットワークみたいなものね。
 
 

「自律神経」ってよく聞くけどね。
実は人体に張り巡らされている神経は
脳神経
脊髄の「中枢神経」
体中に張り巡らされている「末梢神経」
 
に三分割され
末梢神経はさらに
性神
自律神経
に分割されるのね。
 
 
合成神経.png
 

んで
性神経と言うのは
自分の意思によって
体の各部を動かす神経で
手足を動かしたり
目を開閉したり
顎を動かしたりする神経

次の
自律神経は
自分の意思とは関係なく
刺激に反応して身体の機能を調整するものね。

夏の日差しで自然に汗が出て来るのは自律神経の働きね。
何かの刺激で鳥肌立つのもそうよね。
 

自律神経はさらに
交感神経
副交感神経
に分けられ
交感神経は
体を活動する時に働き
副交感神経は
体を休養する時に働くのね。
 
普段は
交感と副交感神経が均衡を保ちながら
身態を調節しているけれど
強いストレス等を受けると
このバランスが崩れ
二つの神経の不均衡状態によって
現れて来る様々な症状が
自律神経失調症と言われる症状群なのね。
 
 
即ち
体内の
交感神経と複交感神経のアンバランス状態が
自律神経失調症」って訳ね。
 
なぜ「失調=不均衡」になるの?
 
 
記事の続きを見るには以下のサイトにアクセスして
ご覧になってね・・・
   ↓  ↓  ↓  ↓
http://www.beautifulife.site/