スポンサーリンク

Lovely ♥と Nice バディー作り

愛ある心と健全な身体の育成に有意義な情報を提供します

精力減退は炭水化物の取り過ぎとインスリンの酷使が災いの元

スポンサーリンク

セックスでのED(勃起不全)はインスリンの酷使が原因!!

 
 

セックスの縁の下の力持ちが実はインスリン
と言うホルモン!?

糖尿病や境界型糖尿病(糖尿病予備軍)患者でないあなたは
インスリンと言うホルモンは初耳かも知れない。

 
 

実は
性生活で最も影響を受けるのが
インスリンと言う膵臓から出るホルモンによるのよ。

 
 
 

過労に働かせると機能低下でエッチは出来なくなつちゃうよ。

 
 

エツ、なにそれ?って思うでしょ。

 
 


インスリンはどの様な働きをしているの?
を知るべきね。

 
 
 

食事をすれば
体内のブドウ糖の量は増え
体を動かす事でエネルギーとして消費されて減るけど
ブドウ糖は人体にとって非常に大切な成分である為
ブドウ糖の血液中の濃度(血糖値)が
著しく変化しない様にする機能が働いているのね。

 
 
 

その主役が
血糖値が高くなり過ぎない様に調整役として管理しているのが
インスリンなのよ。

 
 
 

血液中の血糖値の調節バルブみたいなものね。

 
 
 

インスリンは
膵臓(すいぞう)のランゲルハンス島と言う所で作られるホルモンで
食事をして血糖値が高くなれば
膵臓から分泌されて
ブドウ糖がグリコーゲンや脂肪として
肝臓や脂肪組織に蓄えられる様に
指令する訳。

  
 
 

 
 
 

血糖値が低くなれば
分泌される量も自動的に減少するのよ。

 
 
 

食事をして血糖が上がった事を感知すると
膵臓からインスリンが分泌され
肝臓や脂肪組織では
ブドウ糖からグリコーゲンや脂肪が作られる様に
ブドウ糖を特に消費する筋肉や脳に
ブドウ糖を取り込む様に働いて
血液中の血糖が上がり過ぎない様にしているのよ。

 
 
 

血液中のブドウ糖を筋肉や細胞へ運び
エネルギーとして使う
肝臓や筋肉で
ブドウ糖を「グリコーゲン」に作り変え、蓄える
余ったブドウ糖を、脂肪に作り変え、蓄える
肝臓のグリコーゲンがブドウ糖になるのを防ぐ

等の働きが有る為
血液中のブドウ糖量を減らし
血糖値を下げる働きがあるのね。

 
 記事の続きを見るには以下のサイトにアクセスして
右の【最新記事】タイトルをクリックして見てね。
   ↓  ↓  ↓  ↓
http://www.beautifulife.site/