スポンサーリンク

Lovely ♥と Nice バディー作り

愛ある心と健全な身体の育成に有意義な情報を提供します

アラフォーから始まる物忘れは脳の認知機能の衰え!?

スポンサーリンク

アラフォーから始まる物忘れは脳の認知機能の衰え!?


「あれ何処に置いたっけ?」や
「おやあの人なんたっけ?」といったような
「うっかり」や「もの忘れ」が
年をとるにつれ比例して増えたと
感じる事ってあるでしょ?

 

そんな現象は
加齢による「脳の認知機能の衰え」なので
放置すると増々脳梗塞がひどくなり
物忘れが加速して認知症に発展する危険が大きいので要注意よね。

 

40歳を過ぎると7割以上が、
「うっかり」や「もの忘れ」が増えたと
自覚している事がヤフーの調査で出た様ね。

 

特に
「人の名前が出てこない」という回答が最も多く約3割
「言いたい言葉が出てこない」が次で2割弱。
「あの人の名前、なんだっけ……」。
「ほら、あれよ、あれ……」。
そんな言葉が口癖になって来ると危険信号ね。

 

以前のブログで書いたけど
私達は呼吸で酸素を肺に取り入れて
そこから血管を通じて体内の各器官に
必要な栄養素と一緒に
酸素も供給されている訳だけど
同時に酸素は老化の元凶でもある両刃の剣なのよね。

 

金属が酸素によって赤く錆びる様に
人間の身体も酸素によって錆びて行く。

 

その中でも
脳は最も酸素を消化する器官なので
酸素の供給が少しでも滞ると
途端に影響を受けるのね。

 

 

「うっかり」や「もの忘れ」の原因は
加齢による「脳の認知機能の衰え」!?

 

と言われれけれども
その原因は、
物事を記憶・判断・理解する際に使われる重要な機能「脳の認知機能」が
加齢によって低下してしまうから・・・

 

加齢とともに衰えてしまう「認知機能」は
神経伝達物質」にある。

 

神経伝達物質
脳内に無数に存在する「神経細胞」によってやり取りされ
様々な情報や体内への指令を伝達する事で
認知機能を働かせている。

 

しかし
神経伝達物質は加齢によって減少してしまうため、
神経細胞の働きが鈍化して情報の伝達が上手くいかなくなり、
認知機能の衰えを引き起こしてしまい
結果
脳に情報を蓄積したり
引き出したりする事が困難になり、
「うっかり」や「もの忘れ」が増えるようになる。



ここまでの説明を受ければ
あなたも「なるほど、そうなんだ・・・」って思うでしょ。

 


記事の続きを見るには以下のサイトにアクセスして
右の【最新記事】タイトルをクリックして見てね。
   ↓  ↓  ↓  ↓
http://www.beautifulife.site/