スポンサーリンク

Lovely ♥と Nice バディー作り

愛ある心と健全な身体の育成に有意義な情報を提供します

ラーメン、うどん、そば、はたまたスパゲッティ、あなたは何食派?

スポンサーリンク

ラーメン、うどん、そば、はたまたスパゲッティ、あなたは何食派?


今回はチョット趣向を変えて食べ物ブログね。


ショッピンは
一食品に偏(かたよ)ると食傷気味になっちゃうので
うどんが5割、ラーメン、そばが半々ずつ買うのね。

そして
うどんの5割が
インスタントカップうどんと
素うどんが半々ずつにしてるのよ。


スパゲッティはインスタントがないので
いちいち茹でるのが面倒で買わない。


何故
こんな配分で麺類を買うのか
その理由は
加工麺類に含まれている塩分を気にしているからなのよ

 

 

 


カップ入り麺類には
「標準栄養成分表:1食73グラムあたり」
として各栄養含有量が表示されているでしょ。


それとは別に
「食塩相当量」として塩分含有量が表示されている。

例えば
ショッピンは
近所のセブンイレブンで良く買い物するけど

きつねうどん 「食塩相当量=4.6g」
■天プラそば  「食塩相当量=4.1g」
■醬油ヌードル 「食塩相当量=5.6g」
■鶏がら醬油ラーメン「食塩相当量=6.1g」
■焼そば    「食塩相当量=4.1g」
■即席袋めん(日清ラ王)「食塩相当量=5.8g」

等の表示が有るのね。
「標準栄養成分表」もさる事ながら
ショッピンは上の「食塩相当量」を重視してるのよ。

世界の保健組織でも
塩分の一日の摂取量は6g以下を推奨しているのね。


日本人の塩分摂取量は平均的にも
その倍近い塩分を摂取している。


ラーメン好きの私達は
ラーメン、上の例で言えば
鶏がら醬油ラーメン「食塩相当量=6.1g」一食で
もう一日分摂取してるでしょ。

加えて
一日3食の食事では
お寿司を食べたら醬油をたっぷり付けて食べる

一杯やりながら
刺身に醬油をたっぷり付けて放り込む。

お味噌100gにも 約11gの「食塩相当量」があり
味噌汁1杯にも2g位は塩分があるでしょ。


記事の続きを見るには以下のサイトにアクセスして
右の【最新記事】のタイトル
ラーメン、うどん、そば、はたまたスパゲッティ、あなたは何食派?
をクリックして見てね。
   ↓  ↓  ↓  ↓
http://www.beautifulife.site/