スポンサーリンク

Lovely ♥と Nice バディー作り

愛ある心と健全な身体の育成に有意義な情報を提供します

病気になってようやく気が付く一病息災健康管理の重要性

スポンサーリンク
病気になってようやく気が付く一病息災健康管理の重要性
 
若くて元気な内は誰でも自分が病気に罹るとは
夢にも思わないものよね。
 
 
大体がこの時期は
身体に対して無頓着で
健康の何たるかが理解出来ていないし
又理解する必要もない位に元気一杯が普通だもんね。
 
ショッピンも例外ではなかった。
 
 
 
 
 
 
 
 

でも考えると
二十代前半から
病原を腰部に抱えていたのね。
 

腰の痛みが長期間継続する「慢性腰痛症」と言う
腰の病気もあるけど
腰が痛くて苦しむと言う程の事ではなく
ベッドに入って横になっても
腰がケッタルイ症状
腰のやり場がない・・・と言った感覚だったのね。
 

寝ててもしょっちゅう左右に寝返りを打っていたのね。

当時を振り返ってみると
先ずデタラメな食事
痩せの大食いで腹一杯どころか腹二杯だった。

しかも
中華風な油で炒めた食事が好きなもんだから
腹二杯の大食いによる血糖値上昇
プラス脂肪でしょ。

今なら理解出来るけれど
言わば
糖尿病予備軍の境界型糖尿病だったのではないのかな?

よって
血液中の血糖値を下げるインスリンの働きが弱っており
ぶどう糖がエネルギー変換される以前に
オシッコと一緒に排出されていた為に
精力減退が腰に出てきて
腰のけだるさを誘発していたのだろうと思うのね。


このもぐりの糖尿病と分かるまでに
20年を費やしたのね。
 
記事の続きを見るには以下のサイトにアクセスして
左のメニューの【82】のタイトルをクリックして見てね。
   ↓  ↓  ↓  ↓
http://happyunpy.info/