スポンサーリンク

Lovely ♥と Nice バディー作り

愛ある心と健全な身体の育成に有意義な情報を提供します

認知症の介護は超大変なご苦労! 踵ファースト歩行で血管年齢を若返らせよ!

スポンサーリンク
認知症の介護は超大変なご苦労! 踵ファースト歩行で血管年齢を若返らせよ!
 
テレビの番組で
認知症の妻を認知症の夫が介護、認認介護、急増の恐れ!」
と言う情けない題名のドキュメンタリー番組を観たのね。 

2030年迄には、8人に一人が認知症患者になると言う
なんとも頂けない結果が出ているそうよ。
 
医療費改悪により
この様な人達に対する政府の助成金¥13,000が¥9,200に減額されるので
生活も介護も益々苦しく難しくなるのが見え見えだよね。

テレビで見た認知症の夫婦も通常のお年寄りと外見は全く変わらない。
しかし、見たところ一つだけ正常の老人と大きく違うところがあるのね。

それは
歩行の仕方。
 
認知症患者の特徴として
歩き方が両足を引きずる様にして歩くのが特徴ね。
所謂、
「すりあし歩き」と言う「すり足歩行」
 
正常な人間は先ず踵から着地する歩き方で歩いているでしょ。
 
即ち
やや大幅の速歩で足を前に振り出すことにより
つま先は上を向いて踵から地面に着地する。
 
 
今の流行語で言えば「踵(かかと)ファースト」ね。
 
 

 
 
 
 
この歩行方法により脳を可成りに刺激しているのね。

足が活発に動いている間は、頭脳も比例して活動している。
 

何故なら、
正常な歩行運動により血流が促進され
脳内の毛髪程の超細い毛細血管に於いても
血行が活発になり
それだけ、頭脳を刺激しているからなのね
 
なので
お年寄りでも元気に歩く人には認知症患者はいないでしょ。

「すりあし歩行」では
脳の刺激は全く発生しないので
脳へ送られる血流は増々減少し
その結果
栄養や酸素は増々不足し
脳内血管は益々硬化萎縮して
脳内の毛細血管は頭脳への刺激を無くし
認知症が進む訳よね。
 
記事の続きを見るには以下のサイトにアクセスして
左のメニューの【78】のタイトルをクリックして見てね。
   ↓  ↓  ↓  ↓
http://happyunpy.info/