LIFE LOG(愛らしいハートとピースフルマインドを育む美容と健康)

愛らしいハートとピースフルマインドを育む美容と健康

愛ある心と健全な身体の育成に有意義な情報を提供します

小池百合子都知事率いる都民ファーか或いは蓮舫代表の民進党が息吹き返すか?

スポンサードリンク

小池百合子都知事率いる都民ファーか或いは蓮舫代表の民進党が息吹き返すか?

東京都議選が23日告示された。

 

定数127議席をめぐり
全42選挙区で259人が立候補したのよ。

 

今回の都議選は、
小池百合子都知事率いる都民ファーストの会
自民党の一騎打ちになる模様だね。

 

f:id:unpy72636:20170625230059j:plain

 

そして
小池百合子都知事が過半数(64議席)の
与党勢力を獲得できるかどうかが注目されているの。

 

 

都政通のジャーナリスト予想では
都民ファーストの会(無所属推薦者を含む)」
と連携する「公明党
東京・生活者ネットワーク」を合わせ
70議席を超えるという予想が出ているのだけど


そうなれば、
小池百合子都知事は過半数を与党で占めて
安定した都政を運営できるじゃない。
ドンに支配された旧態依然とした自民党都政から
都民の為の開放的な都政が実電可能よね。


都民ファーストの会は第1党の自民を抑えて
民進党離党者など無所属の推薦候補と合わせると
50近い議席を獲得しそうね。

 

 

過去最悪の38議席を上回り出来そうかどうかの自民は
40を超えるのがやっとではないかしらね。

全員当選が当たり前の公明からも落選者が出るかもしれないし
加えて
民進党は1議席を獲得できるかどうかの青息吐息な戦の様だね。

 


旧民主党
何と言っても政権失敗のダメージがいまだに強い。

有権者の期待が大きかっただけに
その失敗による失望感が期待感以上に大きいのね

党の新しいイメージ・今後の方向性の明瞭性が求められるのにも拘わらず
いまだに明確な方向性が打ち出せていない。

 


多くの人には「反対ばかりの民進党」というイメージが強いままで
蓮舫代表の具体的提言の政党アピールがまだ功を奏していないのね

 

民主党から民進党への政党名の変更や
岡田氏から蓮舫氏への党代表交代時期が
イメージ挽回の絶好のチャンスではあったけど
むしろイメージは落ち目になっているのよね。

 


二重国籍問題で思わぬ上げ足取られた
蓮舫氏のイメージダウンもまだ引きずっているし
民主党民進党にとって重要な浮動票が離反する事が
痛恨の極みでしょう。

 

 

特に都議選挙ではこの浮動票をどれだけとれるかが
勝負を左右するからね。

新たな政治に期待する浮動票で大きく成長してきた民主党民進党から
今は、多くの浮動票が離れてしまっている皮肉な現実よね。


民進党にとっては
都議選もさることながら
野党第一党としての信頼性を確立する事が
急務ででしょう。

蓮舫代表がんばってね。 

 

 

f:id:unpy72636:20170621124420j:plain